みんなで環境を守っていける

自然と調和した景観をつくるといったことも環境共生住宅の目的になり、家の敷地以外に周辺の地域へ緑化活動をして地域全体の環境整えていくことも大事です。庭木が生い茂る家作ったり並木通りがある歩道整備したりして、自然と街並み調和させることが可能です。そして庭に緑増やして空気が正常化されたり気温調整する効果を期待できます。雑居ビル街みたいな人工的町並みでなく花、緑あふれる綺麗な街並みをつくって、周辺地域の環境をみんなで作って守ることも環境共生住宅の大事な要素になっています。また、環境共生住宅の健康への取り組みで掲げられてるのはリサイクル品、環境配慮した安全な材質で家建てること。これによって自然環境保護以外に家に住む方が安心で安全に長く住むこと目的にしてます。建築物が人体へ与える影響で問題になってるのはホルムアルデヒドなど有機化合物によるシックハウス症候群であり、これは建材物、殺虫剤など含まれる化学物質が室内に充満して住人の目や鼻が痛んだりする健康被害です。