注文住宅は希望の間取りが作れる

注文住宅を建てるメリットははやはり、決められた空間ではなく、希望の家造りが出来ることだと思います。
以前、注文住宅を建てることになった時、今まで住んでいたデメリットを出来るだけなくそうと思いました。

以前住んでいた家は造作したこともあり、各部屋が独立していませんでした。
そのため、部屋を通らないと別の部屋にいけないところもあり、そこがとても不便でした。

その為、注文住宅を建てる時は、各部屋を廊下で区切りました。
さらに、今を家の真ん中に持ってきて、誰もが利用しやすい場所にしました。

そして、今まではダイニングキッチンでしたが、ダイニングが一緒だとどうしても床がベタベタしたり汚れてしまいます。
そこで、ダイニングとキッチンを壁で区切り、窓や戸で行き来できるようにしました。

このことでキッチンで集中して作業が出来るようになりましたし、リビングの床がベトつかなくて済み、掃除がしやすくなりました。
リビングは食事をするスペースとしてだけではなく、部屋としても活用できるようになって良かったです。