階段を作る時に注意をした事

新築を作る時に、大体の人が二階にすると感じます。二階建てにして、子ども部屋などにすることが多いですね。その時、階段と言うのはとても重要と改めて感じています。それは、何回も使用することがあるからです。その時、階段についてそんなにこだわりがありませんでしたがこれは絶対つけたほうがいいという内容について、ご紹介します。安全な階段にしましょう。

・手すりは必須
若い人は、階段を上がる時に手すりを使わないという人が多いでしょう。ところが、若い人でも具合が悪い時や、疲れている時など、使うことがあります。その時、つかみやすい手すりはとても重要です。

・滑り止めをつける
階段の滑り止めについては、必要ないのかなと思ったことがあります。しかしそれはつけておいて良かったです。そのように思うのは、来客がきた時になれていない階段だと滑ることがあるからです。私も別の家の階段で、滑ったことがありました。その時、階段と言うのはとても危ない場所だと思ったのです。一つ一つ滑らないようにしていると、降りる時に安心して降りることができます。

・階段の途中に窓をつける
階段は窓が必要ですね。そこはどうしても暗くなるので、窓があることにより明るくすることができます。窓は、できれば2箇所ぐらいつけると、電気を使用することなく利用できます。

・階段の明かりは必要
階段は、夜がとても危険です。階段途中に明かりを付けることで、安心して利用することができます。スイッチも、下と上にあるととても便利ですね。私の家では、スイッチを夜になっても使えるように蛍光付きなのでその場所を直ぐに利用することができます。

・急でない階段作り
昔の家では、階段を上がるたびにとても疲れていました。急な階段であったからです。上から転落したら、絶対怪我をすることになります。出来たらするやかな傾斜の階段がいいですね。

階段は、よく利用するところとして安全に配慮することが大切と感じた事でした。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|健康に役立つ口コミ情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|ダイエットチャレンジ100日|お小遣いNET|エステサロンを上手に利用する情報サイト|女性向けエステ.com|AGAでお悩み解決|生命保険の選び方|カウンセリングのお悩み解決サイト|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|女性のための薄毛治療研究会|